CE部会

ホーム > JSEPTIC 薬剤師部会 > 希釈濃度標準化プロジェクト
薬剤師部会

希釈濃度標準化プロジェクト

希釈濃度標準化プロジェクトとは

集中治療領域では様々な注射薬を使用し,迅速な調製を必要とする場合があるため,希釈濃度間違いや配合変化などのインシデント・アクシデントが生じるリスクが高いと考えられます。本部会が行ったICU勤務経験者を対象としたアンケート調査では,ICU内における注射薬の希釈濃度統一の必要性および配合変化表のニーズがあることを報告しています(医療薬学, 2023, 49, 412-418./第50回日本集中治療医学会学術集会, 京都, 2023)。本プロジェクトでは,各施設で利用できるツールとして注射薬の希釈濃度一覧表や配合変化表を作成することを目的としています。

➡集中治療領域における注射薬の希釈濃度一覧(PDF)
本一覧表に記載した希釈濃度は,JSEPTIC薬剤師部会コアメンバーの所属施設における現実的な希釈濃度および添付文書等を参考とし,希釈調製の簡便さ,キット製剤の有無,希釈液量などを考慮してコアメンバーで検討を重ねて作成しました。個人および施設内では自由にご活用いただけますが,雑誌やセミナーなどの商用目的で利用する場合は下記フォームより申請をお願いいたします。また,引用時は出典の記載をお願いいたします。
https://forms.gle/WeDiUKpBAHJDvAPL7


ページの先頭へ