CE部会

ホーム > JSEPTIC CE部会とは
CE部会

JSEPTIC CE部会とは

JSEPTIC 代表 森實 雅司

JSEPTIC CE部会では、JSEPTICの理念である「世界標準の集中治療の普及と実践を目指して」を受けて、臨床工学技士(Clinical Engineer:CE)にもその理念を普及させることを目的に、活動を展開しています。この10年で集中治療に関わるCEの数は大きく増加し、その活躍の幅は広がり続けています。しかし、集中治療においてわが国のCEが専門とするべき領域は人工呼吸・血液浄化・補助循環など海外であれば複数の専門職がカバーしているものを包含しており、このことがCEに対する体系的な教育の構築を困難にしているのが現状です。私たちの最初のミッションは、集中治療に新たに関わるCEに学習や情報交換の場を提供し、その知識の標準化を図ることにあります。

次の10年が経過したとき、日本のすべての集中治療室でCEが集中治療に大きく関わりを持ちチーム医療の中でパフォーマンスを発揮する、そんな未来図を描きながら活動を進めていきたいと考えています。

プロジェクト

・新たに集中治療に関わるCEのための教材を作成します。
・集中治療に関わるCE間に新しいネットワークを構築し、多施設共同研究を計画していきます。

進捗に応じて適宜ホームページでご報告いたします。

メーリングリストによる情報共有

JSEPTIC CE部会ではメーリングリストによる情報共有を図っています。このメーリングリストは全国の集中治療に関わる臨床工学技士のネットワークを構築し、情報交換の場を作ることを目的としています。2012年7月現在、登録者数は全国で150名を超えました。

登録方法:①~⑥を明記の上、下記アドレスにメールにて申し込み
申し込み先アドレス:morizane-syt@umin.ac.jp
① タイトル「JSEPTIC CEメーリングリスト登録希望」
② 氏名
③ メールアドレス
④ 所属と部署名
⑤ 養成校卒業年度
⑥専門分野
※登録作業が週一回のため、登録完了に遅れがあることをご了承ください。

教材作成プロジェクトチームメンバー(五十音順)

伊藤朋晃
(小倉記念病院検査技師部工学科)

岩谷恵理子
(東京慈恵会医科大学附属病院臨床工学部)

奥田晃久
(東京慈恵会医科大学附属病院臨床工学部)

上岡晃一
(東京医科大学病院臨床工学部)

関谷理
(聖マリアンナ医科大学病院クリニカルエンジニア部)

高橋由典
(杏林大学医学部付属病院臨床工学室)

田川雅久
(東京都立小児総合医療センター麻酔科臨床工学技士室)

千原伸也
(札幌医科大学病院臨床工学室)

冨加見教男
(兵庫医科大学病院臨床工学室)

中川富美子
(日本大学医学部付属板橋病院臨床工学技士室)

中山雄司
(東大和病院臨床工学科)

林久美子
(岡山大学病院救命救急センター)

矢田哲康
(北里大学病院MEセンター部)

山香修
(久留米大学病院臨床工学センター)

山田紀昭
(済生会横浜市東部病院臨床工学部)


ページの先頭へ